Nihil

主にゲーム等の考察を溜めていきます。

Undertale考察 その2

今回もまた考察していきます。

サンズから渡された鍵で開けられる秘密の部屋にある写真について訂正。
二人とか書いていましたが誤りです。すみません。
正しくはサンズと誰かわからない大勢のモンスターでした。
文章は正しくないけど意味合いはこれで合ってる筈。
と、考えるとサンズは大勢のモンスターと会う機会があったということになる。
研究者説でも通る。というかそっちのが通る。
何でかと言うと
前回サンズ、パピルスガスターの三人は疑似親子説を出しましたよね。
疑似親子にしたのはサンズは18、パピルスは14が公式説が出たから。
それでサンズはガスターの力も借りて独自の研究を進めた…とかいう考察をしました。
多分これは大勢のモンスターが王室研究員として働いていた人達だと考察すると、
ガスター"達"の力を借りたのではないか、と。
これで完全に僕ら、という台詞にも違和感がない。
写真…写っているのがサンズとガスター含めた研究員だったとする。
パピルスは置き去りなんですかね?
だってあの時点でフリスクパピルスを知っていた。
だとしたら…
パピルスは他のところで友達と遊んでいた
パピルスが写真を撮った

個人的には後者だといい。
研究している人達全員をパピルスが撮った後、
パピルス込みの写真を撮った…とか。

でも違和感がある。
パピルスはサンズが研究関連のことをしているのを恐らく知らない。
→家賃の出所がパピルスには思い当たらないから

家賃はサンズが金を払わずどうにかしていたっていうのもありそうだけど
それなら絶対パピルスに知れてる確率が高い。

やはり研究員説が一番有りうると思う。
そして、パピルスはサンズが研究員をしているのを知らない。
ガスターとは面識があったとしてもサンズの上司だったのは知らない。
そんなところだろうか。
あとパピルスには金の出所がわかっていないから
成人する前に研究員としてこっそり働き始めたとするなら…
パピルスに働いていたのはバレない。
そして成人した時に初めて持った職が見張りの仕事だったように見せる…
頭の弱いパピルスになら多分ばれない。

サンズなら13歳くらいでも研究できそうで怖い
ほぼ最年少で研究員の仲間入りしてそう

あとやっぱりセーブ、ロード、リセットの研究は
王室研究室ではメインに行われたものではなかったんだろうと思う。
だからほとんど独自で研究したものに過ぎない。
ということじゃないのだろうか。

ガスターさんとの関係性。
ガスターさんは元々色んな人と面識ありそう。
スカウトとか結構してそうだね。
それでサンズはパピルスに内緒でこっそり研究員としてガスターを手伝い始めた…とか。

だけれどもガスターが研究でアマルガムになってしまい自らコアに落ちた…
アマルガメイトの研究は少しでも誤ったことをすれば自分自身にも支障が出そう。
ガスターさんは年老いていたしやっぱり研究も年々劣っていっていたんじゃないんだろうか。
失敗も増えていたと思う。
だとしたら失敗をしてしまってアマルガムとなってしまったガスター
研究をもう出来ないことに絶望してコアに自ら身を投げたのも分かる。

あと報告書17の二人、
サンズとアルフィスなんじゃ、って思ったけど
あれって結構世界に関わってくる内容だったから
アズゴアとトリエルなんじゃないかと思う。

勿論、研究で優秀だったサンズとアルフィスに問いかけているのも全然有りだと思うけどね。

今回はここまでで。
次回はキャラさんとフリスクについて考察したい。