Nihil

主にゲーム等の考察を溜めていきます。

Undertale考察 その5

考察とは考えていくたび訂正が必要になるものですね。
仕方がないことです。
あとPV数が100超えててビビりました。ありがとうございます。
【ネタバレ注意】

うーん…サンズは決意を抱いてないとおかしいような気もするんだよな…
サンズのヌメヌメはアマルガムのあれ説もあるし…。

決意の研究でガスターと同じく決意が混入してしまったというのも有りうる…
それがガスターより少量のものであればバレるものでもないのかもしれない。

もしフリスクに最愛の友人達をを殺されてしまったことで決意より殺意が勝ってしまったとしても
混入してしまった決意を武器として利用することができるんじゃ…?

という説もある。(私的妄想)

他にもサンズが自身で決意を持っていたのでは説も。

でも決意をモンスターが持つのはきっと難しいんだよね。
サンズは特に。

何故かっていったらやっぱりセーブ、ロード、リセットの研究で自分の行動が無意味と化してしまう
ことを知ってしまったから、

行動する気力も失せている。のだと、思う。

やっぱり気力が失せているということは精神的にも諦めている部分があるということ。

パピルスやグリルビーズ、トリエルと話した幸せな思い出、出来事があっても
結局真実が勝ってしまうのではないか。

相当なことでもなければ。

それが友人と最愛の兄弟を失ったことに繋がるんだろうが
そこで決意を抱いたんじゃあパピルスのサンズのヌメヌメ発言は回収ができない。

だから私的には研究説も交えるため、
決意の研究でガスターと研究している時に誤って混入してしまったのでは?という説。

ちなみに作業の効率の良さはアルフィス>ガスターらしい。

それでガスターが老化していっていたことを考えるとやっぱり失敗もそれなりにあったんじゃ説はありうる気もしてくる。

決意の研究っていうのは難しいし相当危険な研究だろう。
一歩間違えれば自分にも危害が及ぶ可能性は高かったのではなかろうか。

まぁ文でグダグダ言っててもわかりにくいし
とりあえずサンズとガスターに決意が混入してしまったシーンを適当に図として描いてみた。(すごく適当)

f:id:MTK-O:20170213232607p:plain

研究に失敗しちゃったガスターさん!
ガスターさんは閉じ込めていた決意をまんま取り込んじゃってドロドロになった。
(ただ、モンスターの遺体に入れるほどの量ではない)
サンズは遠くに居て、呼ばれたか悲鳴を聞いたかして駆けつけたのでは。
そしてガスターの居た部屋のドアを開けた時少し取り込んでしまった。

サンズが他の研究者を呼んだかサンズとガスターでどうにかしたかの
どちらかで決意の漏れはどうにかなったんだろう。

という感じで私は解釈してみた。

あと、異議あり!という方は全然申し出てくれて構わないしむしろ参考になるので
コメントくれたら嬉しいです。

んで前回の考察と合わせてみる。

サンズはパピルスには秘密で王室研究所にて研究者をしていた。

だがある日、決意の研究でガスターがちょっとしたミスを犯してしまう。

サンズも少し決意を取り込んでしまう。

それ以降パピルスの言うヌメヌメが出るようになる。

ガスターはアマルガメイト化してしまい、研究ができない体になってしまう。

ガスターは自らコアへ落ちてしまう。

そんなところか。

ではこの考察はこの辺で。ありがとうございました。