Nihil

主にゲーム等の考察を溜めていきます。

Undertale考察その10

今回は主に考察を修正したりしていきます。

実はUndertale前は動画のみ視聴していた段階で考察していたので間違った情報で考察していることがありました。
大変申し訳御座いません。
とりあえず画面の前でイラついた方はこのにわかさんが!とでも言ってください。
【ネタバレ注意】

年齢について。
サンズは前回までの考察でいくとキャラ達が生きていた時代には誕生していなかったことになっていますが、
サンズがトリエルがある日を境に気が沈んでいるのを察していたことから
トリエルがこの人は信頼出来るから突然いつものような雰囲気が流れるなか突然言ったとか
そういうのではなかった。
要するにサンズはアズリエルが生きていた時代にもちゃんと生きていた。

そしてやっぱりこの仮説が現在一番有効だと私は思ってるんですが、
モンスターと人間では一年の感覚が違ったんじゃないのだろうか。

流石に人間と同じ感覚で歳を取っているとは考えにくい。
もしそうだとしたらサンズが18歳なのもわかるし
モンスターにとっての成人の年齢は数字にしてみれば、結構早いのかもしれない。
これで18のサンズが飲酒してるのも、19のバガパンが煙草吸ってるのもよくわかる。

そしてサンズがあの歳でコメディアンをしていることも…

正直に考えていこう。
普通にトリエルさんの推測の人間で置き換えた年齢を考える。
例えば、42歳くらい?

そしてその数字の後ろに0をつける。
それが人間の感覚で表したモンスターの年齢。

でもモンスターは恐らく1年を短くは感じていない。
いや、そうじゃなくて歳を取るのが10年に一度とかそういうことかも。
そもそも、猫とか犬の年齢を数える時も人間の年齢に置き換える場合、人間とは違った年月で歳を取ることになる。

そう考えていくと一日、一年の感覚は同じだけど、
歳を取る感覚、成人の年齢が違うということになる。

次いきます。
骨兄弟が元々住んでいた場所。
スノウディンの人達は元々何処に住んでいたかはわからないと言っていた。

ウォーターフォールも絶対違う。
もしそうならアンダインともっと面識があったはずだしあの幽霊たちのことももっと知っていたはず。

ホットランドか?
違う。スノウディンであれだけ有名になるあの二人がどうしてホットランドでは全く名前が知られていないのか。
全くというわけではない。サンズの名はそれなりには知れているだろうが
ショーを見ていない人には知り得ない情報だ。
ホットドッグ大好きなあのホットドッグ乗りの鳥類の女の子はサンズについて知らないようだった。
噂をするように、推測の、彼の性格を知らないものの発言だった。
まぁ、考えすぎな気はするけど。
でもサンズとアルフィスは面識がありそうだから
ホットランドに住んでいたら多分アルフィスとパピルスが既に会っている可能性が高くなる。

ホットランドもないと思う。
じゃあもう残るは都市部のみ。
多分二人は前そこに住んでいたと思われる。
でもガスターの死とともに、スノウディンにやってきた、とか。

これまでの考察では、サンズはパピルスに自分が研究していたことを一切伝えてないことになっているため、
パピルスは研究とガスターが関係していることは知らない。

パピルスは王室研究所の前任についてあまり知ってなさそう。
サンズが頑なに教えなかった可能性が高い。
サンズと大勢の人々が写っている写真にパピルスが写っていないのもあるし。

あとアルフィスがガスターの言う二人のうちの一人じゃないかもしれない。
アルフィスはポッと出で、王室研究者になるまで
恐らく名は知れていなかった可能性が高い。
ガスターの言う二人はやっぱりトリエルとアズゴアかな?
あの内容って国に大きく関わる内容であることに代わりはないし。
第一に伝えるとしたら単純に考えてあの二人だ。

とりあえず今回はここで区切ります。
ありがとうございました。