Nihil

主にゲーム等の考察を溜めていきます。

Undertale考察 その17

また放置スタイルになっていたこのブログ。いいのかこれで…。
最近興味深い質問を頂きましたので今回はそれについて考察していきたいと思います。
【ネタバレ注意】
Torielは、PルートではAsgore戦で助けてくれるがなぜNルートでは助けてくれなかったのか?
PapyrusがPルートで集めた仲間はToriel以外の仲間であるため、
当然Torielは自分の意思で助けに来たということになる。
PとNの違いは不殺を守ればAlphysと友達になるということ。
Torielが助けに来る理由にはならない。

まさにその通りです。
確かに謎だ…!初見時マ、マッマァ!?と驚くばかりで気付かなかったがとても不思議な点ですね。

というわけで2つ仮説を立ててみました(どちらもかなり強引なもの)。

仮説その1

TorielはFriskが心配で、Friskに遅れてRuinsから出てきた。
FriskがAsgoreの元へ行っていると知っているモンスターも中にはいる(はず)。
その情報をどうにか聞きだしてFriskは絶対に殺されてしまう。そう思ったTorielは
急いでAsgoreの城までFriskを助けに行った。

仮説その2(とんでもなく強引)

Friskが好きなのはバタースコッチかシナモンか、どちらかを覚えていたように、
リセット前の、Asgoreが死んでしまったという事実をどことなく覚えていたのかもしれない。
多分、Asgoreが死んだ、という事実自体は覚えていなかったが、FriskがAsgoreの元へ行ったことにより
"大変なことになってしまった"。それをどことなく覚えていたのではないかという説。
Asgoreの考えに反対していたTorielでも大きなショックがあったか、
または地下世界がここまで大きな混乱に陥るとは思わなかったか、
またはFriskがAsgoreを殺してしまったことに大きなショックがあったか、
どんな風に思ってショックを受けたかは正確には分からないがショックは絶対に受けたはず。
でも重要な記憶であるとはいえ、バタースコッチかシナモンかどちらが好きか聞いたときのように、
なにかしらのきっかけがないと思い出せない可能性が高い。
Friskを追いかけてRuinsを出た後(もしくはカタツムリの買い出しなどでもいいが)、
もしFloweyなど、Asgore戦に関わってくるものを見たら?
そして思い出したTorielがAsgoreの城へ急いで駆け付けたときにはすでに戦っている最中だった。

仮説1の方がまだあり得る話かなと思います。
でも仮説1はAsgoreの元にいった事実を知るモンスターと、
それを聞いたとき、果たしてAsgore戦に間に合うほどの距離だったのだろうか?
という疑問が残るのでちょっと納得いかない感じがあります。
Torielの行動がなぜできたのかは普通のモンスターたちからも一切語られることはなかったはずなので
やっぱり闇に葬られた大きな謎ですね。

それでは、また次回。